奈良文化財研究所 飛鳥資料館 ファンクラブへようこそ!ASUKA HISTORICAL MUSEUM Fan Club
English 特別展 チャット 掲示板 メルマガ 書籍販売 図録資料 プレゼント 写真展 俳句コーナ 飛鳥への道
高松塚古墳 キトラ古墳 資料館資料 歌枕をおって 奈良探訪 年表 遺跡地図 索引 ディレクトリ 見学・説明会 HOME

ログイン
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
プロフィール
サイト検索
最新記事一覧
カテゴリ一覧
最新コメント
    あすかチャットルーム
  • 佳奈絵 (02/11)

春期特別展「あすかの原風景」
by 管理人
日時:平成30年4月27日(金)~7月1日(日)
    ※月曜休館(4月30日(月・振休)、5月1日(火)とも開館)

場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
協力:入江泰吉記念奈良市写真美術館
後援:文化庁、明日香村、近畿日本鉄道株式会社
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体



 飛鳥時代の遺跡と農村の暮らしが一体となった明日香村には、「日本の原風景」とも言われる眺めが広がっています。この歴史的風土を守るため、人々が立ち上がってから、ほぼ半世紀が経ちました。この間、村内では懐かしい農村風景が保たれながらも、集落の人口構成の変化や道路の開通、発掘調査の進展や遺跡の整備などにより、少しずつ景色がうつりかわってきています。

 江戸時代から近代にかけての飛鳥では、古代の石造物や古墳の高まりなどが歴史家の注目を集める一方、飛鳥の小盆地とその周辺には、当時の日本ではあたり前の農村の景色が広がっていました。近代の地図や、昭和の発掘調査時に撮影された写真などからは、飛鳥ブームが巻き起こる以前の「あすか」の原風景がうかがえます。

 今回の展覧会では、これらの地図や古写真などの貴重な資料をもとに、明治期から昭和中期にかけての飛鳥の集落の様子を紹介します。この展覧会が、かつての村の姿をふりかえり、未来に伝えていく契機となれば幸いです。


詳細は飛鳥資料館HPへ

|| 08:55 | comments (x) | trackback (x) | ||
冬期企画展「飛鳥の考古学2017」
by 管理人
日時:平成30年1月26日(金)~3月18日(日)
    ※月曜休館(祝日と重なれば翌平日)
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
後援:文化庁、近畿日本鉄道株式会社
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体

詳しくは、飛鳥資料館HP 特別展・企画展コーナーをご覧ください。

|| 22:17 | comments (x) | trackback (x) | ||
飛鳥資料館 夏季特別展 第8回写真コンテスト 飛鳥の路
by 管理人
題材:飛鳥地方で、人々の営みや歴史を感じさせる路を撮影した写真

入選作品
正一位 飛鳥路太政大臣「桜花の路」 山口龍夫 様
従二位 飛鳥路左大臣「おうちへ帰ろう」片山智士 様
従二位 飛鳥路右大臣「帰り道」北浦一清 様
従三位 飛鳥路画卿「陽の当たる坂道」北好雄 様
従三位 飛鳥路画卿「二上山へつづく道」西村充康 様
従三位 飛鳥路画卿「初夏の山里 雨あがる」宮田哲治 様

以下略

写真はこちらでご覧になります。
飛鳥資料館


|| 10:58 | comments (x) | trackback (x) | ||
春期特別展 「藤原京を掘る-藤原京の一等地・左京六条三坊の調査-」
by 管理人
日時:平成29年4月28日(金)~7月2日(日)
    ※月曜休館
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
後援:文化庁、近畿日本鉄道株式会社、
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体


               

続きを読む▽
|| 10:37 | comments (x) | trackback (x) | ||
冬期企画展 「飛鳥むかしむかし 早川和子原画展」を開催中
by 管理人
冬期企画展 「飛鳥むかしむかし 早川和子原画展」を開催しています

 かつて飛鳥は多くの人やものが行き交い、異国情緒あふれる華やかな文化が栄えた倭国の都でした。今回の企画展では、そうした飛鳥の時代に生きた人々にスポットを当て、復元画家の早川和子さんによるイラスト原画を通して、古代飛鳥の歴史を紹介します。

日時:平成29年1月24日(火)~3月20日(月・祝)
   ※月曜休館 ただし3月20日は開館
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館、明日香村教育委員会
後援:文化庁、近畿日本鉄道株式会社、朝日新聞社
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
   高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
(年齢のわかるものが必要です)
   ※( )は20名以上の団体

続きを読む▽
|| 20:58 | comments (x) | trackback (x) | ||
秋期特別展「祈りをこめた小塔」を開催
by 管理人
平成28年度秋期特別展 「祈りをこめた小塔」を開催します。

今回の特別展では、このたび当研究所が新たに収蔵した百万塔とあわせて、国内に伝来した銭弘俶八万四千塔や泥塔などの小塔を展示します。
とくに、銭弘俶八万四千塔は、国内に伝わった12点のうち、8点をご覧いただけます。

日時:平成28年10月7日(金)~12月4日(日)
   ※月曜休館
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
後援:文化庁、近畿日本鉄道株式会社、
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
   高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
(年齢のわかるものが必要です)
   ※( )は20名以上の団体

続きを読む▽
|| 16:30 | comments (x) | trackback (x) | ||
春期特別展「文化財を撮る―写真が遺す歴史」を開催
by 管理人
平成28年度春期特別展 「文化財を撮る―写真が遺す歴史」を開催します。

日時:平成28年4月26日(火)~7月3日(日)
    ※月曜休館、ただし5月2日(月)は開館
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
後援:文化庁、近畿日本鉄道株式会社、
    文化財写真技術研究会
協力:岡村印刷工業株式会社、株式会社堀内カラー、
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体



続きを読む▽
|| 13:37 | comments (x) | trackback (x) | ||
冬期企画展「飛鳥の考古学2015‐飛鳥の古墳調査最前線‐」を開催
by 管理人
平成27年度冬期企画展 「飛鳥の考古学2015‐飛鳥の古墳調査最前線‐」をおこないます。

飛鳥資料館 企画展・特別展案内

日時:平成28年1月29日(金)~3月6日(日)※月曜休館
    2月7日(日)は無料入館日
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
    奈良県立橿原考古学研究所
    明日香村教育委員会
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体




続きを読む▽
|| 13:33 | comments (x) | trackback (x) | ||
秋期特別展「キトラ古墳と天の科学」を開催します
by 管理人
奈良文化財研究所飛鳥資料館開館40周年記念

平成27年度 秋期特別展「キトラ古墳と天の科学」を開催します。

日時:平成27年10月9日(金)~11月29日(日)  
※会期中無休 ※※文化の日(11/3)は入館無料

   
場所:飛鳥資料館 第1展示室
時間:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
主催:文化庁,独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

共催:朝日新聞社

特別協力:NHK

後援:独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所,国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所,奈良県,奈良県教育委員会,明日香村,近畿日本鉄道株式会社

料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)

    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料

    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体



 キトラ古墳天文図にかかわる最新の研究成果と古代の星図などの関連資料を中心に、古代の天文学、暦学、水時計といった、飛鳥時代の天の科学について迫ります。
 ※キトラ古墳壁画の実物は展示しません。





続きを読む▽
|| 11:21 | comments (x) | trackback (x) | ||
春期特別展「はじまりの御仏たち」を開催します
by 管理人
奈良文化財研究所飛鳥資料館開館40周年記念
平成27年度 飛鳥資料館春期特別展「はじまりの御み仏ほとけたち」を開催します。

日時:平成27年4月24日(金)~6月21日(日)  ※会期中無休
   
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
主催:独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所飛鳥資料館
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体

期間中に講演会・ギャラリートークを開催予定

 飛鳥時代は仏教文化が開花し、多くの仏像が造られた時代でした。各地の寺院に伝わる仏像や仏画以外にも、遺跡から出土する金銅仏・押出仏・塑像・磚仏などがあり、それぞれ個性的な御仏のすがたが表されています。
 本展覧会では、出土品を中心に飛鳥時代の御仏のすがたを広く紹介します。とくに考古学的な観点から、各種の仏像の製作と用途、また寺院における荘厳にも迫ります。魅惑的な「飛鳥の御仏の世界」をご覧いただけましたら幸いです。


20150213-1.jpg
重要文化財 山田寺出土鍍金銅板五尊像
             
詳細は[奈良文化財研究所飛鳥資料館HP]

続きを読む▽
|| 09:19 | comments (x) | trackback (x) | ||

ツイッター
飛鳥資料館 Twitter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2018 - 07  >>
アーカイブ
リンクコーナー
OTHERS
    処理時間 0.07213秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
■Advertising■