<< NEXT Main BACK >>
あすかの歌  選者 速水正仁氏の俳句、川柳集を紹介しています。

速水正仁氏の俳句、川柳 作品集を紹介

●帰省する 娘の寄生 嬉しくて
●切なくて 夜のしじまに ラジオ聴く
●刈りとった 稲穂に日差し 揺する風
●鈴虫か ビルの谷間に 秋の声
●手のひらの 幸せ一つ お土産に
●沈黙の 医師に妄想 脇の汗
●通院が いつの間にやら 散歩道
●我が病名 待ち合い室で 教えられ   ●透き通る 空に告知を 受け止める
●眠れない 夜はバラード きみを抱く
●あきらめた はずの思いが 未練酒 ●かたなさけ 知るや知らずや 思い酒
●連れもなく 夜の長さに 心酒
●うらんでも 恨みきれない 情け酒
●流しても 流しきれない 涙酒
●きみ知らず 震える手で注ぐ 男酒
●ただ一途 まこと尽くして 夢追い酒
●しんしんと 夜の更けるまま 願い酒
●過ぎた日に うつむきながら 忘れ酒

続きはこちらから

あすかを楽しもう!参加まってます。::あすかの歌(俳句コーナー) : 09:10 : comments (x) : trackback (x)
ログイン
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
サイト内検索
ツイッター
ライブラリー
カレンダー
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2018 - 06  >>
最新記事一覧
カテゴリー一覧
最新コメント
アーカイブ
プロフィール
サイトリンク
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
■Advertising■